更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • エノシマラボラトリ (藤沢市江の島一丁目の物件) - 鎌倉R不動産
    真っ白に塗装された建物が今回の物件である
  • 屋上|実に心地よい風を感じることができる
    屋上|実に心地よい風を感じることができる
  • 1階|路面から見える空間はレトロな雰囲気
    1階|路面から見える空間はレトロな雰囲気
  • 屋上にて海に背を向けてみるとこの緑!
    屋上にて海に背を向けてみるとこの緑!
  • 2階9帖の空間は窓から延命寺が見える
    2階9帖の空間は窓から延命寺が見える
  • 1階階段部分から通りを見る
    1階階段部分から通りを見る
  • 屋上から陸地のマンション群を見る
    屋上から陸地のマンション群を見る

真っ白に塗装された建物が今回の物件である

rent     住宅
エノシマラボラトリ
 
賃料:
49万5,000円
面積:
132.29㎡
    
所在地: 藤沢市江の島一丁目
交通: 小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅 徒歩15分
管理費: 11,000円
保証金: 4ヶ月  礼金: 1ヶ月

さぁ、オリンピックも終わり、次は何だ!?


島全体がそんな次への期待を心待ちにしている江ノ島。ここに新たなヒーローが生まれるとするならば、例えばこんな物件はどうだろうか。


江ノ島島内でもこの物件がある通りは、江島神社に向かう仲見世通りから一本外れた脇道のような通り。道幅の狭い通りには、民宿だった建物が軒を連ね、ポツポツと新しい飲食店や民泊施設などが散在する。


そこに登場するのが今回の物件。白い外壁に路面全面ガラスの建具というファサードは、この通りではめずらしいが、隣の古い建物のカラフルなオーニングの主張や、そもそも通りが細いため、そこまで外観では引きをとることはむずかしい。


こんな物件を見て思うのは研究室、実験室、製作所といったラボラトリ建築として、この物件を使うというのはどうだろうかという仮説だ。


今の時代であれば、江ノ島であってもパソコンと3Dプリンターがあればきっとモノづくりの現場を作ることは可能だ。むしろ「僕たちのLaboは江ノ島にある。」と声高らかに発信する集団が、それぞれの個性を出しながら制作活動をしているという情景は、江ノ島に新しい風をもたらしてくれるのではないでだろうか。


風といえば、この物件のうれしいポイントは屋上が独り占めできることだ。屋根と屋根の間からチラチラと見える海、そして爽やかな風が後ろの緑の斜面に向かって駆け上がる。この空気がたまらなく心地よい。このラボラトリで生まれたプロダクトの試作テストや物撮り撮影などには、この屋上がきっと役に立つだろう。


建物の内部については元々の状態が想像しにくい複雑な構成になっている。昭和36年築という歴史は真っ白に塗られ、その面影は感じさせない。手前が店舗で奥が住宅であっただろうか。通りに面した1階の空間は店舗やギャラリー、ショールームのような使い方が良さそうである。


不思議な意匠の四角い穴のコンクリートブロックと床のタイル模様が印象的。壁天井はすべて白く塗り尽くされ、さらに電気の配管が剥き出しになっているところがまたラボ感を一層強める。


階段を上がると3室の白い部屋が並ぶ廊下へつながる。奥へ進めば1室とその奥にキッチン、浴室などの水まわりエリア。また階段を回り込むように、もうひとつの建物の入り口から長い廊下も存在する。複雑な構成は白亜のダンジョンと言いたくなるような迷宮感がたまらない。


江ノ島に潜む研究所。なんともミステリアスなこの環境は一歩外へ出ればヨットハーバーに江の島エスカー、シーキャンドル、江の島岩屋と非日常に囲まれている点も興味深い。この環境で作り出される斬新なアイデアは新しい江ノ島ブランドを作り出す。そんな集団に会いたい物件だ。


  
  
  
>>大きな地図で見る 

賃料 49万5,000円 専有面積 132.29㎡
保証金  4ヶ月 (事務所、倉庫利用の場合2ヶ月) 礼金 1ヶ月
償却 退去時保証金償却20% 管理費  11,000円
所在地 藤沢市江の島一丁目
交通 小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅 徒歩15分
建物構造 鉄筋コンクリート造2階建て 所在階
築年 1961年 取引態様 媒介
設備 公営水道/公共下水/プロパンガス
備考 定期借家契約(期間:3年/再契約:相談)/保証会社利用必須(日本セーフティ/保証料:月額支払総額の40から100%)/要火災保険契約
情報修正日時 2021年11月8日 情報更新予定日 2021年12月11日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。