更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • これが裏から登りきって見える眺望
  • てっぺんの和風建築(2)は上品な印象
  • (1)の建物と内部もこの度綺麗に整いました
sale     住宅
裏から海
 
価格: 2億9,000万円
面積: 269.91㎡(建物)
4,277㎡(敷地)
    
所在地: 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎
交通: 江ノ島電鉄線「稲村ヶ崎」駅 徒歩5分
管理費: なし
修繕積立金: なし

<改装完了・募集条件変更しました>


稲村ガ崎にて、おもしろいものを発見してしまいました。


最近は海が見えると言われても、疑いに疑いをかけて取材に行きます。本当に海が見えるのか。どうせまたちょこっとだけなんじゃないの。といった具合に。もしも期待以下だったときの自分のショックを考えて、つい予防線を張ってしまいます。


ましてここは鎌倉市稲村ガ崎。私たちのお膝元。オフィスから山を越えた裏側からのアプローチ。知り尽くしたつもりだったのです。まして海が見えると伺った情報元は確かであり、嘘をつく必要は全くない立場の方なのです。


いざ現地に伺うと、眺望までのエンターテイメント性にイチコロでした。あり得ないことが、あり得てしまっているこの物件。またひとつ稲村の裏ワンダーランドを見つけてしまった気分です。


いきなり圧倒されるのは、その門扉。これはもう神社仏閣の門ですね。広い敷地にはこの門をくぐり、正面に洋風の建物(1)があります。唯一和風ではないこの建物は部屋数が多く、企業の保養所として建築されたような印象です。この物件は、身内の仲間みんなで使う方が楽しいということなのでしょうか。


さて、お楽しみはここからです。みなさん薄々気が付いているかもしれませんが、この洋風建物の他は遊びの施設のようです。まずは茶室(4)。山の斜面にくい込むように存在するその姿は幻想的です。また茶室内部からの眺めは敷地の庭とその先に山景が広がっています。ここが稲村ヶ崎駅徒歩5分とは信じがたい風景です。


続いて、さらに信じがたいものが茶室の上に潜んでいました。人工の滝(!?)を見ながら山道を進むとそれは現れます。


露天風呂です。山の岩肌をうまく使ったような意匠にも感服しますが、何よりこの存在そのものがあり得ない。が、しかし、あるのです。ちなみにこの露天風呂は北側方向を見るのですが、人工物が見えない訳ではなく、家が見えます。このため、水着やふんどしなどの着用が必要だと思われます。この度、着替えスペースが新設。


もはやこうなると海どころの話じゃない気がしてきますが、その先へ進むと、山のてっぺんまで登り切ることができます。そこに和風の小さな家がポコンと建っています(2)。この建物もお茶を楽しむために建築されている様子。室内には炉ばたがあり、6畳の和室二間からはその庭先がキラリと光るのでしょう。そう、海です。


建物の正面には隣の家があるのですが、奥に広がる庭からは山と山の間にぽっかりと海が見えるのです。会心の海眺望です。この眺望を見ると、ここが稲村であることを思い出させてくれます。


それにしてもとんでもない物件を見つけてしまいました。他人事のようですが、こんな物件があるんですね。私たちのオフィスから徒歩4分の場所で度肝を抜かれました。


てっぺんの和風建築(2)は上品な印象
(1)の建物と内部もこの度綺麗に整いました
   
>>大きな地図で見る 

担当:コマツ
 
価格 2億9,000万円 建物面積 269.91㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎
交通 江ノ島電鉄線「稲村ヶ崎」駅 徒歩5分
建物構造 木造/スレート葺2階建て 所在階
築年 1988年 土地権利 所有権
敷地面積 4,277㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 建蔽率/容積率 40%/80%
その他費用 取引態様 媒介
設備 公営水道/公共下水/プロパンガス
備考 地目:宅地/現況:空室/引渡時期:即可/第2種風致地区/宅地造成工事規制区域/土砂災害警戒区域/敷地面積:(公簿)4,277平米(実測)3,122.12平米/ペット可
情報修正日時 2017年10月7日 情報更新予定日 2017年11月6日
  ※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。