更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 玄関からリビングを見る
  • コンクリートが美しい
  • 松の庭から建物を見る
sale     住宅
茅ヶ崎アーティスティック
 
価格: 1億9,500万円
面積: 174.98㎡(建物)
754.69㎡(敷地)
 
所在地: 茅ヶ崎市中海岸
交通: JR東海道本線「茅ヶ崎」駅 徒歩18分
管理費: なし
修繕積立金: なし

この家に入ると、茅ヶ崎にはアーティスティックな文化があることを再認識させられます。


ストイックな空間構成は一定の緊張感を感じさせながらも、散りばめられたインテリアはどこか優しく、庭にある高く成長した松の木は茅ヶ崎の自然の力強さを与えながらも心が安らぎます。


こうした強さとやさしさのバランスこそ、茅ヶ崎生まれの様々なアートシーンで活躍する人々にも共通する魅力なのではないかと思ってしまうのです。


建物の構成はアトリエとして使用されている独立可能な空間が道路側に配置され、それ以外は壁を隔てた内部に空間があるため、一見すると閉鎖的に見えますが、内部は中庭を中心に広がりをもった空間になっています。


玄関から正面には美しいコンクリートと大開口部のリビング。来客が多いことを想像させるこの空間は広すぎるのではと思いきや、ソファや椅子に腰掛けると中庭や松の木が茂る庭に目線が落ち着き、居心地の良い空間になっています。


事実、現在来客は多いようで、現在はダイニングテーブルの他に教室ができるようなスペースが設けられています。


中庭を中心にダイニングへ進むと、松の庭と中庭との間に位置するこの場所は用途に合わせて、また季節に合わせてどちらかの庭とつなげて使いたくなります。例えば冬時期は日が差す松の庭に出てコーヒーを飲んだり、暑い夏は影をつくる中庭でそうめんを楽しんだりといった具合に。


隣接するキッチンも複数人で作業ができるような大きさで計画され、作業台では会話を楽しみながら下ごしらえをする風景が想像できます。設備は6年前に更新されているので古さを感じません。それにしても、ここまで現代の設備がしっくりくる昭和59年の建物があることに感激します。


続いて現在はパントリー兼家事室として使用されている旧子供室に続いていきます。オーナーはここに冷蔵庫や食器棚を置くことで、キッチンの美しさを保っています。もちろん、ここまでせずともキッチンにこれらを置くことはできますが、この美意識は見習いたいです。


さて、ここまで玄関、リビング、ダイニング、キッチン、パントリーまで回遊してきましたが、ひとつ気が付いたことがあります。それはここまでの空間に建具がひとつも入っていないということ。キッチンとダイニングの間には壁が存在しますが、扉はありません。ここに豊かさを感じてしまうのは私だけでしょうか。


この先には水まわりが続き、初めて建具が現れます。トイレ、浴室はキッチン同様6年ほど前に更新され、そのセレクトも意識の高さを感じます。浴室は大きな窓がありますが、現在、外部は新築された隣家と視線が合ってしまうので、目隠しのブラインドが設置されています。


そして最後に寝室です。中庭を横目にどこか暖か味を感じるコンクリートの空間は程よい落ち着きがあります。隣接するアトリエへもこの部屋から出入りすることが可能です。


このように一周することで十分満足ですが、お楽しみとして屋上が控えています。屋上へのアクセスは中庭から階段であがります。ほぼ建物全部が屋上となり、外壁が上まで伸びたような形で縁取られた空間になっています。ここから中庭や松の庭を見下ろす風景も一興です。


ちなみに、海(サザンビーチ)まで4分です。


コンクリートが美しい
  
  
  
>>大きな地図で見る 

担当:コマツ
 
価格 1億9,500万円 建物面積 174.98㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 茅ヶ崎市中海岸
交通 JR東海道本線「茅ヶ崎」駅 徒歩18分
建物構造 鉄筋コンクリート造/平家建 所在階
築年 1984年 土地権利 所有権
敷地面積 754.69㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 50%/100%
その他費用 取引態様 媒介
設備 公営水道/公共下水/都市ガス/駐車場(複数台)
備考 現況:居住中/引渡時期:相談/建物瑕疵担保免責/セットバック要(約50平米)/設計者:小網健一/ペット可
情報修正日時 2017年10月7日 情報更新予定日 2017年11月6日
  ※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。