更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 日当たりの良いウッドデッキはリビングづかいをしたい。
  • 赤と白でコーディネートされたオリジナルキッチン。
  • 1階リビングから玄関側を見たところ。螺旋階段で2階へ。
  • ホームパーティーが目に浮かぶダイニングキッチン
  • 玄関。丸くくり抜かれた框と木製建具。
  • 1階はゲストを配慮して作られた水回り。左)手洗い 右)シャワーブース
  • 図書室のような2階リビングからは富士山ビュー。
  • 居住空間のような心地よさがあるパウダールーム。
  • 借景が嬉しいバスルーム。大きなバスタブです。
  • 2階の個室。日当たり良好。
  • ウッドデッキにつながる個室。
  • 2階からハシゴを登ると小さな塔屋とルーフトップ。
  • ルーフトップからは広がる海の向こうに富士山。
  • 夜の雰囲気
  • 夜の雰囲気
  • 個室から木製建具を開け放ってバルコニーを見た視線。
  • 外観。ルーバーで採光は確保しつつ目線はカバー
  • 一式海岸までは歩いて5分
  • 葉山らしい小道を散策。辺りには素敵な個人店が点在します。

日当たりの良いウッドデッキはリビングづかいをしたい。

sale   NEW 住宅
波の音が聴こえる
 
価格:
6,400万円
面積:
99.36㎡(建物)
169.18㎡(敷地)
      
所在地: 三浦郡葉山町一色
交通: JR横須賀線「逗子」駅 バス15分 「三ヶ丘」バス停 徒歩3分
管理費: なし
修繕積立金: なし

今日は海の色が澄んでるなあ、こんなに寒いのに海の中は平気なのかな、と波を待つ人たちを車窓から眺めながらバスに揺られて物件に向かいました。神奈川県立美術館前「三ヶ丘」のバス停で下車し、民家の間の小道をしばらく歩くと見えてくる木の箱みたいな一軒家。


一色海岸までは徒歩5分、御用邸までも徒歩5分、といえばおおよその立地は伝わるでしょうか。波の音が聴こえるほど海が近いのに、家の背後には山が控えている静かで葉山らしい場所です。


…車庫に着いて車のドアを開けると、波の音に包まれて葉山に帰って来たことを実感します。その瞬間、東京の喧噪の中にいたことが嘘のように、リラックスした気持ちになれるのです。…とは、現在のオーナーの声。まさにこの表現がストンと落ちる家。


玄関を開けるといきなりリビングがあります。その横には大きなウッドデッキとゆったり目の個室がひとつ。螺旋階段で2階に上がると、もう一度リビング、そしてその横に個室がひとつ。さらにはしごで上がるとスコンと空の抜けたルーフトップに。そのほとんどが緩やかにつながっています。


家族構成や生活スタイルを決めてかからないユニークな設計はまるで、どうぞご自由に、どこでも好きにくつろいでーって言われているみたいな寛容さがあります。オーナーはこの家を、人が遊びに来ることを想定して設計を依頼したそう。


このままのレイアウトでも十分楽しいですが、大きなウッドデッキにラグと家具を持ち出してリビングづかいをしてみる?2階のリビングにベッドを置いてあえて寝室にしてみる?など幾通りも使い勝手の妙を妄想してしまいます。


リタイア後の住処としても、小さなお子さんがいる家族も、友達の多いDINKSも似合います。つい人を呼んで楽しみたくなる家ですが、とっても落ち着いた集落ですので盛り上がりすぎにはご注意を。


【お試し体験できます】

この物件では、購入前に暮らしのイメージをつかめる試住サービスが利用できます。移住を考える方におすすめ!

https://microstay.net/room/23/

*こちらの物件は内見可能日が限定されます。予めご了承ください。




  
  
  
  
   

価格 6,400万円 建物面積 99.36㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 三浦郡葉山町一色
交通 JR横須賀線「逗子」駅 バス15分 「三ヶ丘」バス停 徒歩3分
建物構造 木造/陸屋根2階建て 所在階
築年 2004年 土地権利 所有権
敷地面積 169.18㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域(風致地区) 建蔽率/容積率 40%/80%
その他費用 取引態様 媒介
設備 公営水道/公共下水/電気(専用メーター)/キッチン(ビルトインIHコンロ、オーブン、食洗機)/洗面台(2か所)/浴室/シャワールーム/トイレ(2か所)/室内洗濯機置場/モニター付インターフォン/駐車場(2台分ただし大型車不可※H1800まで)/屋外物置
備考 地目:宅地/現況:居住中/引渡時期:相談/ペット可
情報修正日時 2017年12月27日 情報更新予定日 2018年2月3日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。