更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 大正15年築、古民家の貫禄
  • 陽当たりのいい和室でごろり
  • ああ、おばあちゃんの家みたい
  • 夏は縁側で涼もうかな
  • 立ち入り禁止の屋根裏はこんな感じ
  • キッチンは時代を感じるもまだ現役
  • ダイニングもあります
  • お風呂は追焚きもついていますよ
  • こちらのトイレは温水洗浄
  • こちらは普通のトイレ
  • 洋室もわりときれい
  • 増築の洋室部分は面白く使ってください
  • 勉強部屋みたいな洋室
  • こちらは渋い感じ

大正15年築、古民家の貫禄

rent     住宅
古民家を守り、面白く
 
賃料:
20万円
面積:
192.32㎡
所在地: 藤沢市弥勒寺二丁目
交通: JR東海道線「藤沢」駅 徒歩16分/JR東海道線「藤沢」駅 バス7分 「弥勒寺」バス停 徒歩2分/JR東海道線「大船」駅 バス18分 「弥勒寺」バス停 徒歩2分
管理費: なし
敷金: 3ヶ月  礼金: 1ヶ月

大切に住んでいただける方、限定の募集となります。そこにプラス、面白くなにかを始めてみようという方におすすめしたい建物です。


この建物、大正15年築の古民家です。建設当時、関東大震災の影響があり、いったん工事が中止となったそうですが、地震で一度倒れた教訓を活かし、より頑丈な梁や柱を使って完成したのだそうです。


そんな古民家です。何度も言いますが、大切に、丁寧に住んでメンテナンスをしてください。というのが絶対条件となります。掃除を行き届かせることも大切ですし、空気の入れ替えを行なうことも忘れないでほしいのです。


この建物の良さは、実際に見てみると分かります。古民家ならではの梁、天井のつくりや畳の雰囲気は、ほー、とため息のような驚きの声をあげてしまうはず。そして縁側と庭は夏は特に気持ちよさそう。ああ、なにもかもが懐かしく感じられるのはなぜなのか。


この物件、実は大正時代につくられた部分と、後に改築・増築された部分があります。増改築の部分に関しては、事前に確認の上でご自身での改築が可能となります。例えば、キッチンを現在のものから変更することや、一度土間から改築された部分の床を剥がしてもう一度土間として使うなど。


アーティスト、デザイナー、料理研究家、フローリスト、etc.のご職業の方が、自宅兼アトリエ的な使い方をしていただけるといいのではないでしょうか。


ちなみに、現在は週に1回のヨガ教室を開催しているそうですよ。


さて、この古民家の注意点もご紹介しておきます。まず、基本的には住居として使っていただく物件ですので、シェアオフィス、シェアハウス、ゲストハウスなどの使い方はできませんのでご注意ください。


天井裏へ上がる階段がありますが、立入り禁止となります。天井裏はもともとお蚕部屋だった部分を現在は物置きとして使っているので、居住に適した構造ではありません。補強部分以外は天井が抜ける可能性があるので、基本的に立ち入らないでください。


また、古民家ならではの悩みですが、冬の寒さは厳しいです。エアコンは完備されていますが、床下からの底冷えがあるため、ホットカーペットを敷いたり、こたつを置いて上手く解決していただければと思います。逆に夏場は部屋を風が吹抜けるので、縁側に風鈴でも飾って涼やかに過ごしましょう。


そして、敷地内に駐車スペースがありません。敷地のすぐ近くの駐車場が現在借りていただけるようになっています。現地は、藤沢駅から徒歩16分でわりと平坦な道のりですし、バスも走っています。歩ける方は、徒歩移動もいいと思いますよ。


藤沢で、古民家を守りながら、なにか面白いことを始めてみませんか。


  
  
  
>>大きな地図で見る 

賃料 20万円 専有面積 192.32㎡
敷金  3ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 藤沢市弥勒寺二丁目
交通 JR東海道線「藤沢」駅 徒歩16分
JR東海道線「藤沢」駅 バス7分 「弥勒寺」バス停 徒歩2分
JR東海道線「大船」駅 バス18分 「弥勒寺」バス停 徒歩2分
建物構造 所在階
築年 1926年 取引態様 媒介
設備 B・T別/オートバス/シャワー/追焚機能/トイレ/温水洗浄便座/洗面台独立/ガスコンロ/2口ガスコンロ/収納スペース/シューズボックス/照明器具/室内洗濯置き場/給湯/プロパンガス/クッションフロア/エアコン2台以上/庭
備考 定期借家契約(期間:1年)/大正15年築の古民家/大事にお住まいいただける方限定/再契約型定期借家契約/更新料3.24万円/月極め駐車場近隣にあり(10800円/月)/要火災保険契約
情報修正日時 2018年2月8日 情報更新予定日 2018年3月12日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。