更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 佐島の一列目。江の島がきれいに見えます。
  • バルコニーからはきれいな夕日が
  • 3階リビング
  • 測候所みたい。
  • 風呂に入りながら海を見る。朝や夕方が気持ちいいですね。
  • 格子の窓も潮風でダメージ受けています。
  • 内装はいたって普通。
  • 水面の夕日がきれいです。
  • 水まわりと玄関
  • 壁付けキッチン
  • いい椅子といい景色それだけで十分な気がする。
  • 1階と中2階にそれぞれ和室があります。
  • ダイニングはコンパクトロフトの梯子が見えています。
  • ボーっとできる。
  • 屋上バルコニーがありますが、隣地からの視線を感じてしまう。
  • 敷地内に別棟があり、隣は賃貸中

佐島の一列目。江の島がきれいに見えます。

sale     住宅
船形測候所
 
価格:
3,987万円
面積:
86.1㎡(建物)
125㎡(敷地)
   
所在地: 横須賀市佐島三丁目
交通: 三浦縦貫道「林」IC 5㎞(車約10分)/JR横須賀線「逗子」駅 バス38分 「芦名」バス停 徒歩14分
管理費: なし
修繕積立金: なし

大きなマンションに両側挟まれ、何とか顔を出して一列目を確保。外観は、船の先端を意識したのでしょうか。道路に向かって平行ではなく90度に折れ曲がっています。小割にされた分譲地に建つ、ペンシルハウスがコテンと横置きで置かれているような印象です。



とは言え、場所は佐島の一列目。窓ガラスを掃除していい椅子に腰かけて窓と向き合えば、夕方は絶景に癒されることでしょう。その三角ゾーンに入り、上から下までのガラスの先を見つめていると、まるで船の先端で男女が風を浴びながら愛を育む、某有名映画のワンシーンが再現できそうです。



でも何故突き出すような三角形にしたのか気になります。脱線しますが、小田原にある江之浦測候所。ここはすごく素敵な場所で、夏至、冬至、日の出、日の入を考えた建物の設計になっています。まさか、この三角の頂点が示す方角が夏至の日没なのか。だとすれば「やるな、設計士。」などといらぬ妄想を繰り広げていました。



話は変わって、使い勝手のお話を少々。バルコニーが複数ありますが、屋上は隣のマンションの視線が多少気になるところ。ここでゆったりとするのは至難の業かと思います。少なくとも私はゆっくりできなそう。でも、洗濯はよく乾くと思います(風向きによっては潮風の影響で洗った意味がなくなる場合もあります)。午前中に海に行き、午後はゆっくりしながら乾くのを待つ。なんてことが出来そうです。2階の浴室の横にもバルコニーがあり、洗濯機からの動線がいいのでここに干したくなりますが、風呂に入っている時は景観の邪魔になるので避けたいです。



注意点としては、建物の外部が潮風の影響をかなり受けています。購入したら多少補修、改修を行う必要がありそうです。室内は今のところ問題なく住めそうですが、築15年ということを考慮するとなるべく手をかけておいたほうが後々楽かなと思います。特に玄関扉は錆なのか潮なのか、鍵をかけるにも一苦労でした。



寝室は和室が2部屋あるだけなので、大人数で本宅として住むというより別荘使いがおすすめです。ただし、このままでは不便そうなのが駐車場。駐車場奥の壁を解体して、奥行が取れれば、2台停められそうなので、前向きに検討したい工事になりそうです。電車やバスが近くにありません。マイカーで移動が基本のエリアです。



物件は、人に貸すもよし、自分の別荘としても良し、アーティストの自宅としても相性のよさそうな印象です。そうそう、隣の付属建物は賃貸中でオーナーとしての権利も継承されます。









  
  
  
  
    
>>大きな地図で見る 

価格 3,987万円 建物面積 86.1㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 横須賀市佐島三丁目
交通 三浦縦貫道「林」IC 5㎞(車約10分)
JR横須賀線「逗子」駅 バス38分 「芦名」バス停 徒歩14分
建物構造 木造3階建て 所在階
築年 2003年 土地権利 所有権
敷地面積 125㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第二種中高層住居専用地域 建蔽率/容積率 60%/200%
その他費用 取引態様 媒介
設備 駐車場/ガス/公営水道/公共下水
備考 地目:宅地/現況:空室/引渡時期:相談/1種高度地区/宅地造成等規制法/土砂災害警戒区域/敷地内に賃貸中の付属建物あり(木造3階建62.8平米、2003年築)/ペット可
情報修正日時 2018年11月11日 情報更新予定日 2018年12月28日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。