更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 森のえくぼ (鎌倉市稲村ガ崎四丁目の物件) - 鎌倉R不動産
    古家あります。
  • 古家までのアプローチ
    古家までのアプローチ
  • 残したいがハードル髙い。
    残したいがハードル髙い。
  • 敷地全景。ですが。。。
    敷地全景。ですが。。。
  • 隣地との境。
    隣地との境。
  • 古家にあった窯焚き場。お風呂の真下です。
    古家にあった窯焚き場。お風呂の真下です。
  • 一部からはよく抜けます。
    一部からはよく抜けます。
  • 奥に見えている大きな木も敷地内。
    奥に見えている大きな木も敷地内。
  • モリモリです。
    モリモリです。
  • 崖を登ってみました。物件古家の屋根が見えます。
    崖を登ってみました。物件古家の屋根が見えます。
  • 物件は袋小路となっていますので、知らない人は入ってきません。
    物件は袋小路となっていますので、知らない人は入ってきません。
  • 道路から少し高いです。
    道路から少し高いです。
  • 前面道路の先。
    前面道路の先。

古家あります。

sale     住宅
森のえくぼ
 
価格:
1億1,800万円
面積:
1,590.21㎡(土地)
   
所在地: 鎌倉市稲村ガ崎四丁目
交通: 江ノ島電鉄「稲村ケ崎」駅 徒歩5分
管理費: なし
修繕積立金: なし

鎌倉駅から5駅の稲村ケ崎駅。われらが鎌倉R不動産の元ホームタウンです。家が建つ場所ならば、稲村の隅々まで把握していたいですし、このサイトでご紹介したいと思います。



今回は稲村ガ崎四丁目の奥の奥。袋小路の前面道路になっているので、他の知らぬを簡単に寄せつけない雰囲気があります。



土地面積1,500平米超えの土地に相当に古い建物が一つあると聞き、早速行っていました。過去に山森に入り、ズボンを破く失態を犯しているので、今回は重装備です。登山靴と長靴2つを用意。防水の上着、手袋、はい、今回は完璧です。一緒に行ったスタッフは山に入ると知り、慌てて着替えてきてくれました。



物件は平たんな箇所が445平米。山林が1145平米と住みながら山を開拓したい方にとっては最高かと思いますが、山林部分はまず切り立つ崖。この壁を超えたものだけが山を楽しめます。



上から建物を見ると建っている場所だけボコンとへこんでいる。うまく建てたなという印象です。そのへこみがまるで森のえくぼの様に見えてきて、森に微笑み掛けられているようにさえ感じます。



建物は、思ったより劣化が激しく、改修して何とかするには非常にハードルが高そうです。雨漏り箇所は多くはないですが、床が抜けていたり、構造の刷新、設備の更新を考えると費用が掛かりすぎるかなと。



立地は稲村ケ崎駅徒歩5分と好立地。不動産表記で5分ですが、駅から家に帰る時は登り坂なので、もう少し時間はかかると思います。帰ってくるときに大変な坂ならば家は快適にリラックスできる、森に溶け込むものにしたいなと思います。



いらぬ報告ですが、今回は無事に下山できました。一緒に行ったスタッフを気遣うぞと意気込んでいましたが、そのスタッフのほうが全然軽快でどんどん置いてかれる。崖上で話を聞いてみると野生生物の調査フィールドワークを前職やっていたとのこと。早く言ってよ!



私は皆様とともに登りますよ。









  
  
  
  
    
>>大きな地図で見る 

価格 1億1,800万円 専有面積  
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 鎌倉市稲村ガ崎四丁目
交通 江ノ島電鉄「稲村ケ崎」駅 徒歩5分
建物構造 所在階
築年   土地権利 所有権
土地面積 1,590.21㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 40%/80%
その他費用 取引態様 媒介
設備 公共水道(前面道路からの引込となりますが、低地の第三者土地を経由して前面道路に引き込みされています。)/公共下水/プロパンガス/東京電力
備考 地目:宅地/山林/現況:古家有(解体後引渡)/引渡時期:相談/風致地区/景観法/宅地造成等規制法/文化財保護法/土砂災害警戒区域内/接道:東約4.2メートル/42条2項私道(ただし鎌倉市所有)/ペット可
情報修正日時 2019年2月5日 情報更新予定日 2019年5月3日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。