更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 緑の使い手 (鎌倉市鎌倉山二丁目の物件) - 鎌倉R不動産
    縁側から飛び石が続く
  • 丸窓と市松模様の床が印象的な和室
    丸窓と市松模様の床が印象的な和室
  • 窓の外は竹林|紫陽花も
    窓の外は竹林|紫陽花も
  • 鳥や虫の声に思う存分耳を傾けて
    鳥や虫の声に思う存分耳を傾けて
  • 各室からそれぞれ縁側、庭へ
    各室からそれぞれ縁側、庭へ
  • 玄関までのアプローチ|車の進入はできません
    玄関までのアプローチ|車の進入はできません
  • 和室8帖から玄関を
    和室8帖から玄関を
  • 周辺から少し沈むようにして建っています
    周辺から少し沈むようにして建っています
  • さくら道までは徒歩1分
    さくら道までは徒歩1分
  • キッチンは新設
    キッチンは新設
  • 浴室|トイレ
    浴室|トイレ
  • お風呂場と玄関のタイル
    お風呂場と玄関のタイル
  • 襖や障子
    襖や障子

縁側から飛び石が続く

rent     住宅
緑の使い手
 
賃料:
12万6,000円
面積:
49.58㎡
    
所在地: 鎌倉市鎌倉山二丁目
交通: JR横須賀線「鎌倉」駅 バス17分 「高砂」バス停 徒歩1分/湘南モノレール「西鎌倉」駅 徒歩26分
管理費: なし
敷金: 1ヶ月  礼金: 1ヶ月

鎌倉山は車が入っていけないような枝分かれした道の先にポツンととっておきの家が建っていたりします。さくら道から20メートルくらい入っていったところに今回ご紹介の物件はあります。北側に立つ隣家より一段下がったところ、玄関までのアプローチから「ひっそり感」が漂う佇まいです。


「古いもの(古民家)が好きなんです。」都内で古民家を改装し、カフェを営業しているというオーナー。各地で物件を見てまわった中で、鎌倉は馴染みのある場所ではなかったと言います。しかしながらウグイスの鳴く声、竹のゆれる音、澄んだ空気と木々に囲まれたロケーションに気持ちを引き寄せられ、この物件を手にしていました。窓を開けて迎える緑を眺めていると、手付かずの自然が多くのこる鎌倉に、古くからの家が残存していることがうれしく、価値のあることのように感じます。


和室2室の2Kは、2人、多くても3人暮らしがベスト。横並びの和室に縁側は昔ながらの間取り。現代の住宅には当たり前のようにあるはずのリビングダイニングがこの家にはありません。なので生活するには少しの工夫が必要。ちゃぶ台を囲む食事となりそうです。オーナーの「古民家の良さを伝えたい。」という想いはここで生活していく中で気づきがあるかもしれません。


修繕された室内は、こだわりがたっぷり。障子や襖は、江戸からかみを取り扱う「東京松屋」のもの。玄関脇の障子はあえて格子状に切り貼りし外の様子をチラッと楽しめるつくり。ありそうでなかった、そしてこのロケーションありきのアイデアです。


この家に住む上での注意点として、

・敷地内に駐車場がありません。車をお持ちの方はご注意ください。また建物前面への車の進入は出来ません。

・周辺はアップダウンがあります。朝の散歩やランニング時には鎌倉山の澄んだ空気を目一杯感じていただけると思います。

・賃貸面積(495.86平米)に含まれる敷地の管理(竹林の剪定・草刈等)をお願いします。時期によってはおいしい収穫もあるかもしれません。

・本物件は湿度の高いエリアに位置しています。定期的な通風・湿気対策をお願いします。


寒さが段々と増してきて、葉が色を変える時期がやってきます。新たな風が吹き込まれた古民家での生活を始めてみませんか?


※本物件は現在賃貸中です。入居可能時期は1月中旬を予定しております。








  
  
   
>>大きな地図で見る 

賃料 12万6,000円 建物面積 49.58㎡
敷金  1ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 鎌倉市鎌倉山二丁目
交通 JR横須賀線「鎌倉」駅 バス17分 「高砂」バス停 徒歩1分
湘南モノレール「西鎌倉」駅 徒歩26分
建物構造 木造1階建て 所在階
築年 1947年 取引態様 媒介
設備 都市ガス/東京電力/公営水道/個別浄化槽/エアコン2基
備考 定期借家契約(期間:2年間/再契約:相談)/土砂災害警戒区域/敷地面積:495.86平米/駐車場:無/建物前面道路車進入不可/保証会社加入必須/保証会社初回保証料:賃料等の50%〜/仲介手数料:賃料1ヶ月分+税/要火災保険契約
情報修正日時 2020年11月27日 情報更新予定日 2021年2月5日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。