更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 考える間 (鎌倉市梶原三丁目の物件) - 鎌倉R不動産
    公園側は緑の借景
  • 敷地北側から南側
    敷地北側から南側
  • 北西側
    北西側
  • 前面道路の雰囲気
    前面道路の雰囲気
  • 北西側の緑は借景となってくれますが、高低差が大きくあります。
    北西側の緑は借景となってくれますが、高低差が大きくあります。
  • 道路側は高低差が大きくはありません。
    道路側は高低差が大きくはありません。
  • 道路北東側がフラットですが、1台分くらいの幅しかないのでもう少し広げたい。
    道路北東側がフラットですが、1台分くらいの幅しかないのでもう少し広げたい。

公園側は緑の借景

sale     住宅
考える間
 
価格:
6,480万円
面積:
356.66㎡(土地)
 
所在地: 鎌倉市梶原三丁目
交通: 湘南モノレール線「湘南町屋」駅 徒歩17分
管理費: なし
修繕積立金: なし

家に必要なものは何でしょうか。立地の良さという表現が駅やショッピングセンターからの近さの代弁から、景色の良さや空の広さなど自然の取り込みへとより変化している昨今。


ここは旧来は不便とされがちの場所です。しかし、改めて見直してみれば大きな公園が隣り合い、その緑の豊かさに加えて、一つひとつがゆったりとした区画で高さを抑えた住宅街は空が広く感じます。


ここに建てる家は、奇をてらったものなどでは決してなく、窓の取り方をじっくり考えたり、軒の出をしっかりと1メートル近く出すなど、昔からある家を快適にする方法で建てたほうが良い暮らしとなることと思います。


軒を出さない家がさも湘南のスタイルのような表記も最近では目にすることとなり、とても残念でなりません。


ところで、土地を見に行ったとして、どんなところを見れば良いでしょうか。私だったら、一番陽のあたりが良いところ、視線が抜けているところはどこかを探します。


そこはリビングに向いている場合や、抜けがわずかな場合は書斎などにも良いと思います。そうしてリビングが敷地の中でどのあたりが良さそうかの当たりをつけて、駐車場や玄関などとの連続性を検討していきます。これが間を取る事、いわゆる間取だと思います。


いきなり間取を書くことは難しいので、そこは設計士に任せるとして、土地を見る前にどの様な場所が必要でどんな暮らしを送る空間にしたいのかを具体的に想像しておくと土地を見に行った時にぶれない芯ができるものと思います。


北西には公園と隣り合わせという事を感じることができる木々を見る事ができます。こちらに向かってテーブルを広げれば毎日が森の中の様です。この方向をどの様に活かした計画にするか楽しみです。




  
   
>>大きな地図で見る 

価格 6,480万円 専有面積  
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 鎌倉市梶原三丁目
交通 湘南モノレール線「湘南町屋」駅 徒歩17分
建物構造 所在階
築年   土地権利 所有権
土地面積 356.66㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 40%/80%
その他費用 取引態様 媒介
設備 公営水道/公共下水
備考 地目:宅地/現況:更地/引渡時期:相談 現況渡し/法第22条区域(屋根不燃)/自主まちづくり計画(梶原山地区)/道路:公道東約4.0メートル//ペット可
情報修正日時 2021年5月1日 情報更新予定日 2021年10月30日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。