更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • ONE FOR ALL (三浦市城山町の物件) - 鎌倉R不動産
    向かいの建物の掲示は誰に向けて。
  • 写真右手の階段を上ると市役所の駐車場に通じています。奥の白い建物は三浦市役所です。
    写真右手の階段を上ると市役所の駐車場に通じています。奥の白い建物は三浦市役所です。
  • 階段を反対側から見るとこんな感じ。
    階段を反対側から見るとこんな感じ。
  • 抜けると駐車場
    抜けると駐車場
  • 昔話に出てきそうな3点セット(竹藪、井戸、鳥居)
    昔話に出てきそうな3点セット(竹藪、井戸、鳥居)
  • 通常の出入口はこちら
    通常の出入口はこちら
  • 道路より高いので抜け感もあります。
    道路より高いので抜け感もあります。
  • 敷地と道路の関係
    敷地と道路の関係
  • 擁壁は建物の設計でうまくかわしましょう。
    擁壁は建物の設計でうまくかわしましょう。
  • 階段脇に通信用の電柱があります。
    階段脇に通信用の電柱があります。
  • 真ん中に井戸があります。
    真ん中に井戸があります。
  • こちらからも入り放題です。
    こちらからも入り放題です。
  • 市役所側から。竹藪の間
    市役所側から。竹藪の間

向かいの建物の掲示は誰に向けて。

sale     住宅
ONE FOR ALL
 
価格:
1,380万円
面積:
256.94㎡(土地)
 
所在地: 三浦市城山町
交通: 京浜急行電鉄久里浜線「三崎口」駅 バス14分 「三崎東岡」バス停 徒歩2分
管理費: なし
修繕積立金: なし

いつも三浦市役所に行くときに気になっているのですよね、この文字。誰に向けて掲示しているのか、いつも謎でしたがやっとその謎が解けました。そう、この物件に向けてだったのだと。


1枚目の写真からすでにキャラクターが濃そうな物件だという事は、伝わっているのではないかなと思いますが、まず場所からご説明です。


道路からは、かなり宅盤が高いので、今まで何度も通り過ぎながらも中を伺い知ることがなかなかできなかったのです。そもそもここの擁壁部分は市役所の土地だと思っていました。つまり市役所の真隣です。しかも竹藪を抜けたらそのまま敷地から市役所の駐車場へ出入りできる階段まであります。


通常市役所に出入りすると、正門があって周囲はぐるりとアルミのフェンスがされており、微妙な場所からの人の出入りなどはさせてもらえません。


それをこの家のみからは、ダイレクトに数段の階段を通ることで行けるのです。逆に言えば、建物があっても竹藪に隠れてよく見えないので、市役所に来た人が間違って出入りしてしまう事も多々あることは容易に想像できます。


以前は普通の平屋の居住用の建物があったようですが、今はせっかくの更地です。しかも用途地域は近隣商業地域の為、招き入れるお店などを計画してみてはいかがでしょうか。


駐車場は敷地内に備え付けられていませんので、借りていただくこととなりますが、まとめてお店の駐車場としてどこかに賃貸することを考えていただけましたらと思います


つまりこの物件のタイトル「ONE FOR ALL」は、この物件で市役所に来た方に向けたサービスをと、向かいの建物の掲示は言っているのだと思いました。


ただ、市役所が今後、出入口を封鎖しようとしないことを祈るばかりです。


また、井戸が真ん中にあります。使用の可否は要調査ですが、井戸には神様がいると言いますし、ここまで物件の真ん中にあるのであれば計画に取り込みたいなと思います。他にも社や鳥居があり、これらをどうするか想像してみてください。


見た目以上にタフな物件の雰囲気がしますが、竹藪の先をのぞいてみたい方は是非お問い合わせください。




  
  
  
>>大きな地図で見る 

価格 1,380万円 専有面積  
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 三浦市城山町
交通 京浜急行電鉄久里浜線「三崎口」駅 バス14分 「三崎東岡」バス停 徒歩2分
建物構造 所在階
築年   土地権利 所有権
土地面積 256.94㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 近隣商業地域 建蔽率/容積率 80%/200%
その他費用 取引態様 媒介
設備
備考 地目:宅地/現況:更地(敷地内に井戸、社、鳥居、電柱があります)/引渡時期:相談/詳細不明の擁壁あり/駐車場無し/準防火地域/第2種高度地区/建築物の高さの最高限度15メートル/埋蔵文化財包蔵地(三崎城跡)
情報修正日時 2021年5月6日 情報更新予定日 2021年10月5日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。