更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 儚い廃虚モダニズム (逗子市山の根の物件) - 鎌倉R不動産
    昭和13年築の洋館建築、元東工大名誉教授 故藤岡通夫氏による設計です。
  • 1階|応接室と食堂
    1階|応接室と食堂
  • 2階|吹抜け越しに見たホール
    2階|吹抜け越しに見たホール
  • 2階|ホールから廊下を見たところ
    2階|ホールから廊下を見たところ
  • 2階|吹抜け(絵画はなくなります)室内窓の向こうが主寝室。かつてはステンドグラスがはめ込まれていたそう。
    2階|吹抜け(絵画はなくなります)室内窓の向こうが主寝室。かつてはステンドグラスがはめ込まれていたそう。
  • 1階|ホール。細かい細工が施された階段が上下階をつなぎます。
    1階|ホール。細かい細工が施された階段が上下階をつなぎます。
  • 1階|廊下。床組が崩れ落ちています。
    1階|廊下。床組が崩れ落ちています。
  • 1階|ホール。床組が崩れ落ちています。見事な装飾ですが損傷が酷いのでこの部屋は根本的な改修が必要です。
    1階|ホール。床組が崩れ落ちています。見事な装飾ですが損傷が酷いのでこの部屋は根本的な改修が必要です。
  • 2階|マントルピースとモールディングが残る主寝室。
    2階|マントルピースとモールディングが残る主寝室。
  • 2階|主寝室専用の浴室。天井が抜け落ちています。
    2階|主寝室専用の浴室。天井が抜け落ちています。
  • 2階|次ノ間(和室)は一部床天井とも抜け落ちています。
    2階|次ノ間(和室)は一部床天井とも抜け落ちています。
  • 2階|客間(和室)はきれいに残っています。
    2階|客間(和室)はきれいに残っています。
  • 2階|西側の階段。正面は洗面台です。登ると屋根裏部屋へ。
    2階|西側の階段。正面は洗面台です。登ると屋根裏部屋へ。
  • 2階|勉強室。状態良いです。
    2階|勉強室。状態良いです。
  • 2階|西側寝室(和室)状態良いです。木製の窓もきれいでした。
    2階|西側寝室(和室)状態良いです。木製の窓もきれいでした。
  • 1階|厨房。天井と床の傷みがひどいです。
    1階|厨房。天井と床の傷みがひどいです。
  • 1階|厨房。天井と床の傷みがひどいです。再利用できるとしたら建具くらい。
    1階|厨房。天井と床の傷みがひどいです。再利用できるとしたら建具くらい。
  • 1階|廊下つきあたりの洗面所。女中室が浴室になっています。
    1階|廊下つきあたりの洗面所。女中室が浴室になっています。
  • 1階|ホールから前庭方向を見たところ。建具の向こうはサンルーム。
    1階|ホールから前庭方向を見たところ。建具の向こうはサンルーム。
  • 外観|道を歩く人からは一切見えない外観です。
    外観|道を歩く人からは一切見えない外観です。
  • 玄関|装飾と損傷、同時の視覚インパクトで思わず立ちすくみます。
    玄関|装飾と損傷、同時の視覚インパクトで思わず立ちすくみます。
  • 1階|メインの玄関ホール
    1階|メインの玄関ホール
  • デティール|ガラスノブ・鱗瓦・モザイクタイル・レリーフ
    デティール|ガラスノブ・鱗瓦・モザイクタイル・レリーフ
  • デティール|スイッチ・壁紙・モザイク画・小屋組
    デティール|スイッチ・壁紙・モザイク画・小屋組
  • 屋根裏部屋。窓からは逗子の街が一望できます。
    屋根裏部屋。窓からは逗子の街が一望できます。

昭和13年築の洋館建築、元東工大名誉教授 故藤岡通夫氏による設計です。

sale   NEW 住宅 その他・土地
儚い廃虚モダニズム
 
価格:
9,500万円
面積:
2,762.8㎡(土地)
       
所在地: 逗子市山の根
交通: JR横須賀線「逗子」駅 徒歩3分/京急逗子線「新逗子」駅 徒歩6分
管理費: なし
修繕積立金: なし

山の根でこんな建物あった…?googleを駆使して鳥瞰しても全然見当たらない。約束の住所に到着すると、見た感じ控えめな門構えだったのでこの時点でもまだ半信半疑だったのです。細いアプローチを少し登ると現れたその姿はなんと、、海に向かって堂々と建つ洋館建築でした。年季の入ったスクラッチタイル、大胆なレリーフ、素敵な連続窓と建物を囲う石造りの池。逗子駅の目と鼻の先に、こんなクラッシックな建物が潜んでいたなんて!



興奮を隠せず、オーナーとの初対面がついフランクな感じになってしまいました。早速中へ入らせていただくと意を凝らした意匠にいちいち目を奪われ、常に足場が危うく、全体像がつかめない。いかに規格外の個人邸宅だったかは間取り図から少しは伝わるでしょうか。



1階は特に破損が酷く、床がなくなっていたり、天井から空が見える場所もあります。樹木が野生化しかかっているせいで薄暗いのですが、足裏で水平が保たれていることはわかる。これほど朽ちているのにさすがだなと思いました。



落ち葉や虫の亡骸、散らばった家のもので混沌としている室内は素人目に見てもこれは!と思うヴィンテージが無造作に転がっている状態。畳に落ちていた紙を拾うと40年前の日付がありました。



2階は比較的傷みが少なく陽当たりも良くて、大家族が暮らしていた頃のあたたかな余韻が有ります。クライマックスは2階の一番奥。上下階が大きな吹抜けと回し階段でつながっていておよそ70平米もあるホールに暖炉や燭台、緞帳みたいな分厚いカーテン、壁には見たことないくらい大きな日本画が飾られていました。圧倒的。なのにこのままでは到底使えないもどかしさ。



そもそもオーナーがなぜわたしたちに相談をくださったか。この素晴らしくも朽ちる寸前の洋館は、一般的な不動産のモノサシではもう評価ができないのです。このまま売却すれば即更地になり、半年後には当たり障りのないアパートが建つでしょう。それは立地の良さからすぐ満室になるはずです。売った後のことは当然買手の自由。でも本当にそれでいいの?踏み切れないオーナーの思いが心から理解できました。



どうにかこの建物を残す方法はないか、これまでも模索を重ねられています。文化財コンサルタントの方に診てもらった際には、復元には1億円相当の覚悟が必要だという話も(文化財登録には相当の建築要件も要求されるため)。ただしそれくらいの手を掛ける値打ちがある建物だとも説明してくださいました。オーナー自身での保存の検討はもちろん、行政に相談を持ちかけたこともあったそうです。



JR逗子駅から徒歩3分という好立地。駐車場が1台しかないこと、崖地を背負っていることなどネガティブ要素をさっ引いたとしても坪単価100万円前後で取引がされる立地です。それをこの価格で売る意図は、この建物をほんの少しでも残す方向で考えてくださる方に譲りたいという一心から。



自己利用をする分には先述の復元ほど改修費用はかからないはずですが甘く見ても8,000万円程度を予想しています(あくまで概算です)。取得と同等の改修費用がかかったとしても再生に手を挙げる方がたったひとりいるかどうか。取り壊しを待つ前に問いかけてみたい!そういう募集なのです。



改修の相談、調査業務、専門業者への橋渡し等わたしたちもできる限り力になりたいと思っています。本気の方、是非お問い合わせください。




*用途地域は第1種低層住居専用地域です。

 店舗や事業専用の使い方ができません。

*内見前にヒアリングをさせて頂きますことをご了承ください。

*内見には日程調整にお時間を頂きます。












  
  
  
  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

価格 9,500万円 建物面積  
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 逗子市山の根
交通 JR横須賀線「逗子」駅 徒歩3分
京急逗子線「新逗子」駅 徒歩6分
建物構造 所在階
築年   土地権利 所有権
土地面積 2,762.8㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 50%・100%
その他費用 取引態様 媒介
設備 都市ガス/公営水道/公共下水/東京電力/現況インフラは使えない状況です
備考 地目:宅地・山林/現況:古家有/引渡時期:相談/<既存建物概要>木造スレート葺3階建/建築年:昭和13年/建物面積(公簿):1階232.49㎡ 2階160.39㎡ 3階53.71㎡ 延床446.59㎡/建物瑕疵担保免責/宅地造成等規制区域/森林法第5条/逗子市景観条例/逗子市まちづくり条例/22条区域/土砂災害警戒区域(急傾斜)/地勢:平坦、一部傾斜地/接道状況:南側公道
情報修正日時 2019年2月9日 情報更新予定日 2019年4月5日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。