更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 漕ぎ出す庭 (鎌倉市御成町の物件) - 鎌倉R不動産
    どどーん!と、空に漕ぎ出すカヤックが庭を泳ぎます
  • オフィス部分|一間半のワイドな掃き出し窓がGOOD
    オフィス部分|一間半のワイドな掃き出し窓がGOOD
  • 真っ白な帆をひろげたカヤックが青空に漕ぎ出します
    真っ白な帆をひろげたカヤックが青空に漕ぎ出します
  • 共有会議室は障子の元和室的空間
    共有会議室は障子の元和室的空間
  • 庭をやや引いて見る|庭と建物の関係
    庭をやや引いて見る|庭と建物の関係
  • オフィスの別方向から|窓が多い空間
    オフィスの別方向から|窓が多い空間
  • オフィス北側には元台所的な開口部が残されています
    オフィス北側には元台所的な開口部が残されています
  • 玄関部分から庭を見渡す
    玄関部分から庭を見渡す
  • 庭と建物の全景|もう少し足元は整備されます
    庭と建物の全景|もう少し足元は整備されます
  • 共有部分のトイレと手洗いシンク
    共有部分のトイレと手洗いシンク
  • 1階の各室の天井入りの写真|左:会議室|右:オフィス
    1階の各室の天井入りの写真|左:会議室|右:オフィス
  • 2階への扉は古材をリメイク|解体で出た柱でつくられたベンチ
    2階への扉は古材をリメイク|解体で出た柱でつくられたベンチ

どどーん!と、空に漕ぎ出すカヤックが庭を泳ぎます

rent   NEW オフィス・商業
漕ぎ出す庭
 
賃料:
27万5,000円 (税込)
面積:
20.66㎡
   
所在地: 鎌倉市御成町
交通: JR横須賀線、湘南新宿ライン「鎌倉」駅 徒歩4分
管理費: 賃料に含む
敷金: 2ヶ月  礼金: なし

鎌倉駅から御成通りをちょいと歩けば、

裏手にこんな面白スポットが!?



ここには以前、2つの家がありました。その内、南側の家を取り壊し、大きな庭を作りました。庭にはシンボリックなモニュメントが空を泳ぐように帆を広げています。



これは最近、日本各地で話題を提供しているデジタルファブリケーション技術を活用した建築テック系集団VUILDさんと私たちのグループ会社カヤックが一緒につくった、空を漕ぎ進む「カヤック」をイメージしたもの。



この広い庭には、先の建物解体で発生した部材を一部再利用したテーブルとベンチが並べられ、晴れた日にはこの共用スペースで仕事をすることができます。



青空会議って言葉も最近は耳にしますが、まさにこんな場所で行いたいですよね。また、みんなで集まるだけでなく、なんとなく庭に出て作業している人には気軽に声をかけてみたくなりませんか?



外にいるだけで「今はどんなプロジェクトやってるんですか?」的な会話にトライするハードルは、ぐっと下がるのではないかと思うのです。こんな時に化学反応が起きる予感がします。



もちろん、ピシッと自分と向き合って作業する時は、建物内のオフィス部分をご利用ください。建物内からでもチラリと外を見れば、おだやかな庭。なんとも気持ちが和みますね。窓もワイドな一間半の窓ですので、見え方もきれいです。



なお、オフィス部分からもダイレクトに庭に出て行けますので、90分間超集中モードで働き、10分休憩みたいなことを繰り返すにも切り替えが出来て良いのではないでしょうか。



となりの共有会議室は二階のオフィスの方との共用部分となり、お互いにご利用いただけます。それでも天気が良い日は、オープンな会議は外でやりたくなっちゃいますよね。



ごきげんな働き方を求めている5、6名のメンバーの方がたくさんの人と繋がりながらこのオフィスを楽しんで使ってくれるといいなと思います。なんだか内見前からニヤニヤしちゃいますね。楽しそ。

 



  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

賃料 27万5,000円(税込) 専有面積 20.66㎡
敷金  2ヶ月 礼金 なし
償却 なし 管理費  賃料に含む
所在地 鎌倉市御成町
交通 JR横須賀線、湘南新宿ライン「鎌倉」駅 徒歩4分
建物構造 木造2階建て 所在階 1階部分階
築年 1986年 取引態様 媒介
設備 【専有部】エアコン/デスク/ワークチェア5席/フリーWIFI【共用部】会議室1室(エアコン付)/冷蔵庫/電子レンジ/給湯スペース/トイレ(男女別)
備考 定期借家契約(期間:3年/再契約:相談)/募集戸数:1戸/水道光熱費は賃料に含みます/要火災保険契約
情報修正日時 2019年10月12日 情報更新予定日 2019年11月1日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。