更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 古民家の城 (大磯町西小磯の物件) - 鎌倉R不動産
    離れの1階部分は縦の細い線が特徴的な空間|窓の向こうは山と海
  • 主屋のテラスからの眺め|伊豆七島が見えることも!?
    主屋のテラスからの眺め|伊豆七島が見えることも!?
  • 主屋内部|立派な大梁と石材の床が上品な空間
    主屋内部|立派な大梁と石材の床が上品な空間
  • ロフト部分は瞑想に浸りたい|子供にも人気の隠れ家
    ロフト部分は瞑想に浸りたい|子供にも人気の隠れ家
  • 露天風呂は水は出ますがお湯はボイラーを修繕必須
    露天風呂は水は出ますがお湯はボイラーを修繕必須
  • 主屋の洋室11帖|曲面の天井と窓の向こうの海がシンクロする
    主屋の洋室11帖|曲面の天井と窓の向こうの海がシンクロする
  • 主屋外観|銅葺の屋根は鎧兜のように見える
    主屋外観|銅葺の屋根は鎧兜のように見える
  • ロフトまであがって見える眺め|城にいるのか!?
    ロフトまであがって見える眺め|城にいるのか!?
  • 1階のリビングダイニングの見上げ|梁や小屋組、竹の組み方まで圧巻の民家です
    1階のリビングダイニングの見上げ|梁や小屋組、竹の組み方まで圧巻の民家です
  • やっぱりこうして切り取ってみると鎧兜に見えてくる
    やっぱりこうして切り取ってみると鎧兜に見えてくる
  • インドネシア系の意匠が盛り込まれたキッチン
    インドネシア系の意匠が盛り込まれたキッチン
  • 駐車場は高さが梁で決まるので注意です
    駐車場は高さが梁で決まるので注意です
  • 離れの見上げ|ミニキッチンにアメリカっぽい冷蔵庫が妙に似合う
    離れの見上げ|ミニキッチンにアメリカっぽい冷蔵庫が妙に似合う
  • 主屋のトイレと風呂(24時間風呂)
    主屋のトイレと風呂(24時間風呂)
  • すぐ隣の家庭菜園からは人工物が視界に入らない富士山
    すぐ隣の家庭菜園からは人工物が視界に入らない富士山

離れの1階部分は縦の細い線が特徴的な空間|窓の向こうは山と海

sale   NEW 住宅
古民家の城
 
価格:
1億2,000万円
面積:
239.26㎡(建物)
646㎡(敷地)
      
所在地: 大磯町西小磯
交通: JR東海道本線「大磯」駅 徒歩23分
管理費: なし
修繕積立金: なし

古民家を移築した物件は、これまでも何度かご紹介してきていますが、こんな立地に移築するなんて!?その結果、民の家であるはずの建物(古民家)が、私にはまるで城のように感じてしまうのです。


大磯の駅から山側に入っていったところに代官山というその名も立派なエリアがあります。ここは市街化調整機区域であるために、乱開発を逃れたある意味で守られた場所と言えるかもしれません。


周辺にも曲がりくねった道の途中に、素敵な雰囲気をまとった家々が続いていくそのデッドエンド。その先は道がないため現在は家庭菜園になっている土地の手前に、この民家は移築されました。


昭和が平成に変わるころ、そんな時代に古民家の移築は個人宅でも行われていたなんて。今考えると相当な先見の明がある方だったんだなと感心してしまいます。この民家は滋賀県長浜市にあった築120年モノを移築し、さらに現代風にアレンジされた建物になっています。


主な構造部分は一本の木からなる、大きな梁と柱で構成されていて、そこに付随する形で洋室がいくつか計画され、また建物を乗せるための地盤として作れれた鉄骨の地盤面が山の斜面に溶け込むような配置を実現しています。


あまりにも太く力強い柱梁の空間なのですが、ここの約35帖の大空間の床を、正方形の石材にすることで美術館のような上品な空間の印象になっているのです。そして先へ進むと11帖の洋室からは正面にドンと海が広がります。テラスに出て見る海は、山の上から見下ろす眺めなので、遠くまで見渡せます。


ただ、まだまだお楽しみは続きます。旧台所エリアからはしごを使ってロフトに上がっていくと、古民家の小屋組の上、屋根を組むための下地に囲まれた空間が隠れていました。ここにも覗き窓があり、そこから見える海の眺めは先ほどの1層下とは随分と違う印象で、まるで城の中にいるような気持ちになります。


このロフトは精神統一にいいですね。なにか大切な決断をここで下したなんていう物語がうまれそうです。また注意して建物をみると、竹は移築前から組みなおされたため、縄が締められている位置が少しずれるため移築前の跡が残るのです。竹など建築部材からも歴史を感じます。


そして、主屋から離れへ。この離れは元々お茶室をつくる目的で建築されたそうですが、内部を拝見するととっても縦の線が印象的です。これはお隣、韓国の建築意匠が用いられているそうで、差し込む日差しの影響か、まるで籠の中でお茶を楽しむような趣があります。この建具も多少の経年劣化がありますが、丁寧に治せば大きく開口させることが出来、すると山と海による自然の風景へと大きく空間を変化させる。シンプルながらもすごい仕掛けを持った建物だなと思いました。


ちなみに、このお茶室の地下はかつてのオーナーさんのアトリエとして使用されていたそうで、後付けでいろいろな設備が付けられたようで、トイレが秀逸です。(現地で一緒に驚きましょう)


この他にも離れの周辺には立派な庭になっており、少し下に降りると露天風呂まで登場します。現在ボイラーの修繕をしないとお湯が出ない状態ですが、水は出ます。(ボイラー工事は買主負担となります)しかし、この露天風呂を使わずとも主屋の浴室がとても眺めがいいので、水遊び場として機能すれば十分かもしれません。


こんな秘境感のある場所が大磯駅周辺にあったなんて驚きです。私の勘ですが、ここには作家性の強い方が向いている感じがしています。

 


  
  
  
   

価格 1億2,000万円 建物面積 239.26㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 大磯町西小磯
交通 JR東海道本線「大磯」駅 徒歩23分
建物構造 木・鉄骨造地下1階付き1階建て 所在階
築年 1988年 土地権利 所有権
敷地面積 646㎡ 都市計画 調整区域
用途地域 その他(無指定) 建蔽率/容積率 40%/80%
その他費用 代官山水利施設組合費(年額):20,000円 取引態様 媒介
設備 公営水道/個別浄化槽/個別プロパンガス
備考 地目:山林/私道負担:あり(59平米)/現況:空室/引渡時期:相談/代官山水利施設組合及び代官山施設利用組合への入会要/建物瑕疵担保免責/付属建物あり(木造鉄筋コンクリート造草葺地下1階付平家建/地下1階面積:20.91平米、1階:19.08平米、1989年1月築)/ペット可
情報修正日時 2019年12月3日 情報更新予定日 2019年12月26日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。