更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 「終わらない夏」のすごしかた (三浦市三崎町小網代の物件) - 鎌倉R不動産
    正面の樹木の先を見通すと、シーボニア!
  • 敷地内から道路側を見る|梅が咲く
    敷地内から道路側を見る|梅が咲く
  • 敷地レベルから北方向を見る
    敷地レベルから北方向を見る
  • 茂みの先にあるシーボニア
    茂みの先にあるシーボニア
  • 前面道路から見下ろす|宅盤よりも道路が高い
    前面道路から見下ろす|宅盤よりも道路が高い
  • 側面の家との関係|シンプルな立面がいい
    側面の家との関係|シンプルな立面がいい
  • 細道を下っていくと、シーボニアに到着
    細道を下っていくと、シーボニアに到着
  • 近隣の小網代の森で6年前に撮影したシーボニア
    近隣の小網代の森で6年前に撮影したシーボニア

正面の樹木の先を見通すと、シーボニア!

sale     その他・土地
「終わらない夏」のすごしかた
 
価格:
590万円
面積:
100.03㎡(土地)
  
所在地: 三浦市三崎町小網代
交通: 京急久里浜線「三崎口」駅 バス12分 「シーボニア入口」バス停 徒歩4分
管理費: なし
修繕積立金: なし

<価格変更となりました!>


豊かな自然が残る小網代の森を庭に、ウミウシが遊ぶ隠れ磯を、生きた学び舎に。



マリンパークへ続くバス通りから10mも歩けば、そこは喧騒から離れたエアポケットのような場所。見過ごしてしまいそうな小さな原っぱは、だからこそ、行き交う視線を気にせず過ごせる少し下った土地になります。正面には、そのまま北ひな壇状に降りてゆく農地の緑と、遠く見え隠れする白いシーボニア。南向きの明るい陽を受け目を彩る緑を眺めながら、あたたかな太陽を背中に感じて、ゆったりと過ごす…。気のおけないキャンプ仲間や、絆で結ばれた船友との秘密基地、そしてなにより、自然を愛する家族と作る「暮らし」という学びの場には、こういう土地こそふさわしい。…はず。



結局、海も山も楽しくて広いから、遊び道具が多くなるし、つまりミニマリストは難しい。でも、なるべく持ち物の約束ごとから自由になりたいとも思う。だから小さな土地を所有して、大らかな自然のなかで、ひろびろと遊びたい。その第一歩は、まず敷地にテントを張って、澄んだ海で遊び、夜は満天の星を見上げるところから。そう、そんな感じ。



歩くのが好きなら、郵便局、スーパー、材木屋、海の家、立ち寄り風呂、マリンパーク、カフェ、マリーナ、リゾート、あらゆる釣り場、幼稚園、小学校、老人福祉施設…etc.すべて徒歩圏内。ホームセンター、三崎港市場は車で15分。最寄り駅は、必ず座れる始発駅であり、寝過ごしていい終着駅。近隣に駐車場あり。



…でも、もし敷地内に停めるなら、高床のガレージハウスも考えて。水回りを下にまとめてしまえば、シンプルな大人の遊び場に。しかも前面道路は奥ですぐ行き止まり。車が迷い込むこともなく、ここは子どもたちの遊び場にも。



ときには歴史的なマリーナで舟遊び、ふたりや家族の記念日は徒歩で行けるリゾートレストランへ。あるいは畑を借りて晴耕雨読にDIY、もちろん釣り三昧の太公望生活だって。リュクスも自給自足も自由自在。ちなみに、土地の初代オーナーは、仲間と小屋を建てて、海遊びの基地にしていたそう。その精神を引き継ぐのも、きっと楽しいこと。



そんな、小さいけれど懐の深いポケットのような場所の「3代目」オーナーをあらためて募集します。いまは空いているこのポケットに、あなたがずっと大切にしてきたものを入れて、裸足にビーサンの軽やかな海街暮らしをはじめてみませんか?



さあ、そろそろ終わらない夏を迎えにゆく時間です。と言っても、あなたが決めたときが、そのはじまりのとき。なんと言っても四季はめぐり、すべてが解き放たれる夏もまた、波のように、繰り返し繰り返しやってくるのですから。



あの日、宝物をポケットにしまったときのワクワクをご一緒に。

 


  
>>大きな地図で見る 

価格 590万円 専有面積  
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 三浦市三崎町小網代
交通 京急久里浜線「三崎口」駅 バス12分 「シーボニア入口」バス停 徒歩4分
建物構造 所在階
築年   土地権利 所有権
土地面積 100.03㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種住居地域 建蔽率/容積率 40%/160%
その他費用 取引態様 媒介
設備 公営水道/プロパンガス/個別浄化槽
備考 地目:宅地/引渡時期:相談
情報修正日時 2020年1月20日 情報更新予定日 2020年12月12日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。