更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 海を眺める小屋 (横須賀市秋谷の物件) - 鎌倉R不動産
    海まで歩いて5分。玄関前のソテツがまた良い味出してますね
  • 1階ウッドデッキからは相模湾、そして、富士山。134号線の音は気になりません。
    1階ウッドデッキからは相模湾、そして、富士山。134号線の音は気になりません。
  • 1階のLDKは約19畳
    1階のLDKは約19畳
  • 2階洋室8畳は勾配天井。この部屋を寝室にしたら気持ち良さそう。
    2階洋室8畳は勾配天井。この部屋を寝室にしたら気持ち良さそう。
  • 2階バルコニーからももちろん。
    2階バルコニーからももちろん。
  • 左)2階のホールから玄関を見下ろす|右)2階洋室
    左)2階のホールから玄関を見下ろす|右)2階洋室
  • 中2階の洋室
    中2階の洋室
  • 中2階の洋室より、反対側の眺望も抜けています。
    中2階の洋室より、反対側の眺望も抜けています。
  • 玄関から海側を見たところ。
    玄関から海側を見たところ。
  • キッチンと奥の洗濯スペース。外から直接アクセスできるようになっています。
    キッチンと奥の洗濯スペース。外から直接アクセスできるようになっています。
  • 洗面台とユニットバス。トイレも設備はとてもきれいです。
    洗面台とユニットバス。トイレも設備はとてもきれいです。
  • キッチンの外側に半分屋外のような洗濯スペース
    キッチンの外側に半分屋外のような洗濯スペース
  • つい先日外壁塗装がされたばかり。
    つい先日外壁塗装がされたばかり。

海まで歩いて5分。玄関前のソテツがまた良い味出してますね

rent     住宅
海を眺める小屋
 
賃料:
23万円
面積:
98.95㎡
   
所在地: 横須賀市秋谷
交通: JR横須賀線「逗子」駅 バス18分 「子産石」バス停 徒歩5分/京浜急行線「新逗子」駅 バス16分 「子産石」バス停 徒歩5分
管理費: なし
敷金: 2ヶ月  礼金: 1ヶ月

場所は秋谷。子産石バス停から坂を登ること5分ほど。南西向き斜面に海眺望の一軒家を見つけました。海と空の青によく映えるフラットハウスのような木造住宅です。



明らかにリゾート用と思われる豪邸も多い秋谷ですが、134号線から内陸に入り坂道を登ると山の自然が豊かで川も流れ、里山のような雰囲気も味わえる奥が深いエリアです。ここは海から直線距離で200mほど奥まっているので海っぺりというわけではないですが、海抜は50mでしっかりと海を眺望できる立地です。



建物は道路側から見ると平屋に見えるので「小屋」と呼んでみました。が、実際は地形を利用したスキップフロア。上下2階層がつながる間取りで中は結構広い。玄関を開けると吹抜の階段ホールになっていて、半階層分降りると、海が目に飛び込んできます。窓に駆け寄り、ウッドデッキへ。前にも家が建っていますが、目線を妨げることなく相模湾の水平線もばっちり。あぁ風が気持ち良い!海に向かって間口いっぱいにウッドデッキが作られているので、もはやどこまでリビング!?な開放感。2階は1階よりも更に開けた眺望が確認できました。海辺の生活を考えられているなと思ったのが、キッチン横の家事室のようなスペースです。洗濯機が置けるようになっていて、外からここへ、ここからウッドデッキに直接出られる動線になっています。全体的にプレーンな間取りでスペック以上に広く感じますし、使い勝手も良さそう。



物件敷地内に駐車スペース1台付。ゆったりしていますが周辺の道路が狭いので中型もしくは小型車向き。仕事や学校の関係が許す限りですが、週末だけではもったいないので、ここでの暮らしを毎日のものとしておすすめしたいです。







  
  
   

賃料 23万円 建物面積 98.95㎡
敷金  2ヶ月 礼金 1ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 横須賀市秋谷
交通 JR横須賀線「逗子」駅 バス18分 「子産石」バス停 徒歩5分
京浜急行線「新逗子」駅 バス16分 「子産石」バス停 徒歩5分
建物構造 木造2階建て 所在階
築年 1984年 取引態様 媒介
設備 公共下水/プロパンガス/駐車場あり(1台)
備考 ペット相談可 (敷金3ヶ月)/普通賃貸借(2年)/更新料:新賃料1ヶ月分/保証会社要加入 (日本セーフティー 初期費用92,000円)/仲介手数料:1ヶ月分+税 /退去時ハウスクリーニング費用は借主負担/要火災保険契約
情報修正日時 2020年1月30日 情報更新予定日 2020年3月12日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。