更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 海欲を満たす場所-地下区画- (鎌倉市材木座五丁目の物件) - 鎌倉R不動産
    材木座海岸目の前の商業施設
  • 今回募集する区画の入口。地下階です
    今回募集する区画の入口。地下階です
  • 歩道からはこの階段で
    歩道からはこの階段で
  • 店舗部分から見上げると、青空が
    店舗部分から見上げると、青空が
  • 共用部からも入口を確保しています
    共用部からも入口を確保しています
  • 現在は雑貨・アパレルの店舗が営業しています
    現在は雑貨・アパレルの店舗が営業しています
  • 1階部分から海を見ます
    1階部分から海を見ます
  • 海から建物を見ます
    海から建物を見ます
  • 目の前の材木座海岸
    目の前の材木座海岸
  • 目の前の材木座海岸
    目の前の材木座海岸

材木座海岸目の前の商業施設

rent     オフィス・商業
海欲を満たす場所-地下区画-
 
賃料:
31万200円 (税込)
面積:
66.55㎡
  
所在地: 鎌倉市材木座五丁目
交通: JR横須賀線「鎌倉」駅 徒歩20分/江ノ島電鉄線「由比ヶ浜」駅 徒歩13分/江ノ島電鉄線「和塚」駅 徒歩11分
管理費: なし
保証金: 10ヶ月  礼金: 2ヶ月

人間は、定期的に海を見たくなる生き物のようです。無性に海を見たくなる。「見たい」というだけでは物足りず、海を「感じたく」なる。そう、身体が欲するのです。目で見る波の穏やかさ、潮の香りを感じ、波の音に耳を傾ける。その時間が必要です。



その海欲(海を欲する気分を勝手にこう呼びます)を満たすために鎌倉へ移住する人、わざわざ鎌倉まで海を見に来る人が多いのも事実。そんなニーズに真正面からアプローチする「ZAIMOKU THE TERRACE」という商業施設ができたのは2016年のこと。今回、地下1階部分のテナントを新たに募集します。



休日の朝、ランニングをする人、サーフィンをする人、ヨガの教室に集まる人、なにも考えず、海でぼーっとしたい人。そんな人たちが集まる材木座海岸。そして、その目の前、134号線沿に堂々と建つ3階建の商業施設が「ZAIMOKU THE TERRACE」です。夏の繁忙期は東京から来るキラキラした方々で賑わいます。逆に冬の時期などはのんびりとしていて、むしろ地元の人たちも集まる海好きのためのスポットとなっています。



現在、レストラン、カフェ、サーフクラブ、ヨガスタジオといったテナントが入っており、新たに1階の奥に、もともと材木座にあったペット関連グッツの販売とペットホテルという店舗ができました。1階手前の区画も工事中となっていて、今後人の流れが変わりそうないい予感がしています。



現在のテナントは、雑貨・アパレル販売の店舗です。地下の区画ですが、2方向から入口を確保しています。134号線沿いの入口は、見上げると青空を望むことができ、心地よい空間を作りこめそうです。歩道沿いの見やすい位置に看板も設置できるので、こちら側からの集客が見込めそうです。



鎌倉で勢いのあるお店にぜひ入って欲しい。材木座の地元愛やコミュニティーの暖かさを体感できるような場になってくれると嬉しい限りです。



※この施設には駐車場がありません。由比ヶ浜地下駐車場等、近隣駐車場を利用することになります。


※現在のテナントが営業中となります。内見目的の来店はお控えください。



 


  
   
>>大きな地図で見る 

賃料 31万200円(税込) 専有面積 66.55㎡
保証金  10ヶ月 礼金 2ヶ月
償却 なし 管理費  なし
所在地 鎌倉市材木座五丁目
交通 JR横須賀線「鎌倉」駅 徒歩20分
江ノ島電鉄線「由比ヶ浜」駅 徒歩13分
江ノ島電鉄線「和塚」駅 徒歩11分
建物構造 鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階付き3階建て 所在階 地下1階階
築年 2016年 取引態様 媒介
設備 電気/都市ガス/上下水道(公営水道・公共下水)
備考 現況・雑貨アパレル店舗入居中(2020年7月退去予定)/飲食店応相談/電気・上下水道・ガス引き込み工事可/別途ゴミ処理代借主負担(施設での取り決め有)/審査結果により保証会社の加入が必要となる場合があります/内装工事は貸主指定の書面にて以前承諾が必要となります/スケルトン渡し/原状回復義務有/駐車場:なし(近隣駐車場をご利用ください)/契約期間:2年/更新料:新賃料の1か月分/仲介手数料:賃料1か月分(税込)/要火災保険契約
情報修正日時 2020年3月15日 情報更新予定日 2020年4月18日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。