更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



column 2020.7.4
 
鎌倉団地に暮らすひと
第1回・Sさんご夫婦
渡辺麻里子(鎌倉R不動産)
 

「鎌倉R不動産」がプロデュースする「鎌倉団地」に暮らすひとをご紹介するコラム。
第1回は、2020年1月から「鎌倉団地」に住む、Sさんご夫婦です。ご夫婦ともにデザイナーとして自宅で仕事をすることが多いSさん。都内から「鎌倉団地」に引っ越しをされました。

緑豊かな団地での暮らし

窓も多いリビング。二人で朝から掃除をするのが日課

Sさんご夫婦の朝は、夫婦での部屋の掃除で始まります。朝はぼんやりしていても、掃除で身体を動かすことによって、目が覚めてくるので日課にしているそう。「鎌倉団地」は団地内に緑も多く、太陽が昇るのと共に鳥が鳴き始めてとても爽やかなのだそうです。
掃除のあとは、朝ごはんを済ませて仕事に取り掛かります。お二人とも自宅で作業をすることが多く、一室をご夫婦の仕事部屋として使っています。

Sさんご夫婦の仕事部屋

仕事のためのアイデアをもらう、たくさんの書籍を収納

自宅で作業をするため、ときには気分転換を。なんと、団地(鎌倉市内でも山の方です)から海まで歩くといいます。山から降りてきて、海まで行き小町通りの賑わいを確認して、御成町あたりで食材などの買い出しをするそう。お二人は車も自転車も持っていないため、徒歩で出かけています。もともと山歩きが好きなのだそうで、特に不便は感じていないそうですが、買い物が多くなってしまったときには、帰り道の銭洗弁天あたりで少し後悔するのだとか。

ゆったりとくつろぐスペース。奥の壁は自分たちで色を塗り替えた

そうして陽が暮れて、仕事を切り上げて自宅でゆっくりと過ごしていると、自然に眠くなってくるそう。都内から「鎌倉団地」に引っ越してきて生活のリズムが作れるようになったことを実感しているといいます。当たり前のことのようで、東京で長く過ごしていると忘れがちな、とても大切なことですね。東京を離れて変わったことといえば、仕事についての考え方も、とSさん。最初は都内から離れて大丈夫だろうか、と不安もあったそうですが、まったく問題はなく。むしろ、自然の中に身を置くことによって今まで以上に仕事に対して向き合っていると感じるそうです。

「鎌倉R不動産」が改装を手掛けた区画に住んでいる

Sさんご夫婦と「鎌倉団地」との出会いは、「鎌倉R不動産」の募集記事がきっかけでした。実は結婚してすぐのころ、鎌倉市内に住んでいたお二人。震災を機に当時の勤め先の近くに、と都内へ引っ越しをされましたが、「また鎌倉に住みたい」という気持ちがあったそうで、ずっと「鎌倉R不動産」のサイトをチェックしていたそうです。

8年間チェックし続けた甲斐あって「鎌倉団地」の募集が開始されてすぐに現地を内見。ほぼ即決でした。内見時には「鎌倉団地」の住民の美意識の高さに感激したそうです。ゴミ捨て場や公園のメンテナンス、草木のメンテナンスまで行き届き、住んでいる人達が、自分たちが住む場所が大好きで、住んでいる環境をより快適にしようという真心が感じられたと言います。

室内にも緑を多くディスプレイ。窓の外には山の緑が広がる

山の中にポツンと存在する団地というのも気持ちをくすぐられたそう。入口から坂を登るにつれ開けていく感じや、山の中の小さな町のように棟が並ぶ様子、可愛らしいバスロータリーやたくさんの公園。建物の色もありがちな白ではなく、茶に近いベージュ、というところもなんとなくイギリス映画の世界のようで気に入ってしまったそうです。

自分たちで塗り替えた寝室の壁

Sさんご夫婦が住んでいるのは「鎌倉R不動産」が改装工事を手掛けたDIY可の賃貸物件。DIY可というところにも魅力を感じたそうで、入居してすぐに壁の色を塗り替えたり、必要なところに棚を設置したそう。賃貸住宅ではまだまだ自由度が低い日本の不動産市場ですが、DIYで自分たちらしく住める物件は魅力的だといいます。今後は洗面台やキッチンに手を加えたいそうで、どんな仕上がりになるのかとても楽しみです。

DIYは住まいに限らず、鎌倉には美味しい野菜などもたくさんあるので、これからは自家製の食品にもチャレンジしたいそう。味噌などを自分たちで作ってみようと計画しているのだとか。

キッチンまわりも今後手を加える計画だそう

いいことづくしの「鎌倉団地」ですが、困っていることはないですか?と聞いてみると、しいて言うなら、ヘリコプターが一日に何度か通って最初は音が大きくてびっくりしたとのこと。また、Sさん夫婦の区画はエレベーターなしの5階部分で、荷物が多いときには汗だくになってしまうと言います。また、自分たちは大丈夫なのですが、と前置きした上で、虫が多いこと。と教えてくれました。虫は都内ではなかなかお目にかからないかもしれませんが、山の中にある「鎌倉団地」では、もちろん虫もたくさんいます。名前も知らない蛾などもいて「鎌倉団地昆虫図鑑」を作れそうなくらい、だそうです。

いまは、コロナウイルスの影響もあり、団地内のイベントごとも中止になっていますが、本来は夏祭りなどもあってとても楽しい団地。住民同士のコミュニケーションも活発です。お二人が引っ越しをした際にも、同じ棟の方と挨拶をされ、お互いの家族構成や、「困ったときにはなんでも聞いて!」「若い方が引っ越してきてくれて嬉しい!」と声をかけられたそう。早く、もっと団地内の人達に会いたい、と思っているそうです。

削りなおした無垢のフローリングと家具がマッチしている

最後にSさんご夫婦から、これから「鎌倉団地」に住みたい方へのメッセージを。
「ここは本当に素敵な環境です。便利不便で選ぶところではなく、綺麗な空気で心地が良く、緑や花の香りで季節を感じられるようなところなので、五感で感じる生活を楽しみましょう」

~「鎌倉R不動産」からのコメント~

Sさんご夫婦は、内見のときにもお二人で鎌倉駅から徒歩で現地まで来てくださったことを覚えています(駅からは徒歩30分はかかるのでは?)。こんなに山歩きが好きな方なら大丈夫!とビビッときて、実際に暮らし始めてからもやり取りをさせてもらっていましたが、本当に団地での生活を楽しんでくれていて嬉しいかぎりです。これからのDIYの計画もとても楽しみです。


「鎌倉団地」の現在の募集状況は、鎌倉R不動産のサイトからチェックしてください。
「鎌倉団地ーバスを逃さないー」

※写真はすべてSさんご提供です。

連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal湘南

reallocal南八ヶ岳

microstay
東京R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本